親バレ学生ローン

クレジットカード 現金化 違法

クレジットカードの現金化はカード会社が違反行為と定めている

空を見上げる2人のキャリアウーマン

クレジットカードにはお買い物をした際の支払いをカードで行うことにより、支払いを後払いにすることができるショッピング枠というものと、現金をカード会社から借りることのできるキャッシング枠の2つがあります。
どちらもそれぞれ便利なものですが、最近ではショッピング枠の現金化という言葉をよく目にすることがあるのではないでしょうか?

 

ショッピング枠というのは何かを購入した際に後払いにすることができるもので、直接現金を借りることはできません。
そのショッピング枠の利用可能額を現金に換金してしまいましょうというのがショッピング枠の現金化です。
一見とても便利なシステムに思えるかもしれませんが、こうした現金化というのは各クレジットカード会社では認めていません。
現金化を行った場合には規約違反としてカードの利用が停止されてしまう場合もありますので注意が必要です。

 

既にキャッシング枠を使いきってしまった、どうしても今すぐ現金が必要、という状況もあるかとは思います。
しかし、だからといってショッピング枠を現金化するというのはおすすめできません。
クレジットカード会社の定める規約に違反しているからというのももちろんそうですが、ショッピング枠を現金化しても返済しなくてよいというわけではありません。
現金化することによって借金が増えて返済がより辛くなってしまうということもありますし、なにより現金化を行っている業者というのは信用できる業者ではないからです。
軽い気持ちで現金化をすることによって思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

 

ショッピング枠の現金化というのはクレジットカード会社が提供しているサービスではなく、怪しい業者が勧誘してくるものだという認識をしっかりと持つことが大切です。
どうしても現金が必要という場合でも、方法は他にあるはずです。
安易に甘い言葉に乗ってしまえば後で自分が困ることになってしまいますから、ショッピング枠の現金化は絶対に行わないようにしましょう。

 

そもそもクレジットカードの現金化を行おうとしている理由が、銀行や消費者金融でカードローンが出来ないというのであれば
それは早合点かもしれません。申込む会社によって審査基準が違いますので、大手から中小企業まで
何社か審査申し込みをしてみてはいかがでしょう。審査が通らない理由は人それぞれですが、いくつか共通項があることも事実です。
ご自身が当てはまっていないかチェックしてみてください。

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の違い

タッチパネルの拡大画像

クレジットカードというと、一般的にはお買い物の会計の際に現金を使用せずに会計を済ますために利用しているということが多いと思います。
ですが、クレジットカードの使い方はこれだけではありません。

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つがあり、それぞれを使いこなすことによってより便利に利用することができます。
ショッピング枠というのは上記のようにお買い物の会計をするために使うことができる枠のことで、多くの方はクレジットカードをこのショッピング枠目的で発行していることでしょう。
もちろん、いくらでも利用できるというわけではなく、カード会社の審査によって決められた利用限度額の範囲内で利用することになります。

 

キャッシング枠はカード会社から現金を融資される

一方、キャッシング枠というのはショッピング枠とは違いカード会社から直接現金を借りることができます。
一般的な消費者金融からカードを利用してお金を借りるのと同じものとイメージしてもらえばよいでしょう。
ショッピング枠を利用して会計を済ますことのできないお店というのもありますし、急に現金が必要になるということもあるでしょう。
そんな時にキャッシング枠を利用してお金を借りればとても便利です。
こちらもショッピング枠と同様に利用限度額が定められており、その範囲内であれば自由にお金を借りることができるようになっています。

 

ここで気を付けなければならないのはショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額はそれぞれ別に設定されているわけではないという点です。
クレジットカードを発行した場合、ショッピング枠の利用限度額100万円、その内20万円がキャッシング枠というような設定がされます。
合わせて120万円が利用限度額になるのではなく、それぞれ合わせて100万円が利用限度額ということになります。
つまり、ショッピングで90万円を利用した場合にはキャッシング枠は自動的に残り10万円ということになるのです。
この点を把握しておかないと、利用できるはずのクレジットカードが利用できないなんてことになってしまいますので注意しましょう。